子育て良書のご紹介はじめてみます。

みなかたは本を読むのが好きで、朝のウォーキングは近所の人から「二宮金治郎かぃっ!」と言われないかとドキドキしつつも、本を読みながらしています。

60歳も徐々にせまりつつありますが、まだまだこの先人生は長いということで、最近は「人生の幸せ」「生きがい」「健康な身体」「老後資金」などが気になるワードで、そんな本を読むことが多いです。

それにとは別に、子育てがもう終わりはしましたが、「今振り返るといろいろ反省点がある子育てしてしまったなぁ・・・。」という思いもあり、子育てに関する本も結構読んでいて、「あぁ、子育て前にこの本を読んでおけば良かった・・・。」と思うこともしばしば。

この先子育てすることはない自分が子育て本を読んで、「自分だけ反省しているのもなんだかなぁ・・・。」、と思い、ピピッと感じるものがあった本は、自分の読書記録と子育て良書の紹介としてブログに書きとどめていってみようと思い立ちました。

先々には、子育て中の母親はゆっくり読書する時間を作り出すのも難しいでしょうから、内容の要点を紹介する会などを開いて、子育て良書を手にしてもらうきっかけを作り、自分のように子育てが終わってから後悔することを少しでも減らしてもらうことに役立てたら嬉しいな、と考えております。

自分の「ピピッ」がすべての方にあてはまるわけではありませんが、何らかの参考になればと思い続けて行ってみようと思っていますので、興味を持たれた方はちょこちょこのぞいていただければ嬉しいです。